勃起不全薬を製造して販売しているの日本国内ではない

勃起不全の薬を製造して販売しているのは基本的に日本国内の話ではありません。こうしたことはむしろ海外で行われていることが一般的です。
EDを治療するための薬は、病院に行けば問診をして診察をうけることによって患者の身体に応じた薬を提供してもらうことが出来ます。勃起不全は病的な原因によってのみ発症するものではなく、それ以外の様々な要因で発症してしまうものであるためそれが薬をもらう時の控除にもそのまま響いてくることになります。本来、ED治療薬以外の普通の薬を処方してもらった時にはそれ相応の控除を受けることが出来ますので必要以上に患者の方からお金を払う必要はありません。しかし、ED治療薬に関しては病的な要因のみで発症するわけではないので保険の控除が効かないようになっています。医薬品として提供されるにもかかわらず、医薬品としての控除を受けることが出来ないので日常的に購入し続けていくことを考えるとかなりの出費を覚悟しなくてはいけません。
こうした状況を考慮して、日本国内で製造や販売をするのではなく海外を利用してEDの治療を進めていく会社も増えています。実は、海外には日本国内の状況とは異なって自由に勃起不全のための薬を開発することが認められている国がありますので、そうした国の薬品を利用すれば非常に安い価格で薬を利用することが出来るようになります。基本的に、海外の医薬品は一般市場にも販売が許可されているため後発的医薬品として製造して販売すれば、薬の供給量が非常に多いという事情もあって日本の治療薬とは違って価格を安く設定することが出来るメリットがあります。価格を安く設定することができれば購入する方も継続的に薬を買い続けることが出来ますので、国内の薬よりもこうした海外の安い治療薬を求める人が増える人も増えるというわけです。